安全なカラコンは一番!

韓国製カラコンのウソ、ホント
韓国のカラコンの安全性などについて調べたブログ

 

輝く緑色のフクロウの目のような緑のカラコンが欲しい

最近SNSやツイッターを利用する人が増えた事で、様々な人たちが自分たちのプライベートの写真を公開するようになりましたが、一昔前に比べて美人な人が増えた気がします。

メイクといえば、昔はアイシャドーやファンデーション、口紅位しかなかった気がしますが、今ではこれ以外につけまつげやカラコンは必須アイテムで、つけまつげやカラコンを使いこなしている人たちのメイク術は本になる位注目を浴び、今では誰もが自然につけまつげやカラコンを利用している人が増えています。

カラコンのイメージと言えば、目が宇宙人みたいに大きくなって、その不自然なメイクをあえてギャルメイクでしている人や、コスプレなどで、瞳をブルーにしたり赤にしている人が昔もいたというのを思い浮かべる人も多いと思います。

ところが最近のカラコンはその種類も豊富で、一見カラコンを着けているとはわからない位自然なものが多いのです。

では、なぜそんな着けているか着けていないかがよくわからないものをみんながメイクテクニックとして取り入れているのかと言いますと、それは着けているか着けていないかわからない位自然な瞳なのですが、実はさりげなく黒目の色が大きくなったり茶色になる事で、顔の印象が劇的に変わるのです。

人間じゃ適わないローズ色の目をしているフクロウ

そしてこのカラコンを利用してのメイクが流行るにつれて、韓国製のカラコンが値段の圧倒的な安さと、その豊富なバリエーションで人気となり、カラコンを購入している人たちの間で愛用者が増えてきています。

韓国製カラコンには大きく分けてどういう種類があるのかと言いますと、韓国の厚生労働省であるMFDS(食品医薬品安全処=旧KFDA)認可を受けているカラコンと、無認可のカラコンの二つに分けられます。

言うまでもなくオススメはMFDSの認可番号があるカラコンですが、無認可のカラコンの方が安いので、値段で無認可のカラコンを購入される方も増えていますが、安全性という意味では、無認可のものは危険性を否定出来ないので避けるべきです。

また、韓国製のカラコンの一部では、色素沈着などのトラブルが発生していますので、色素沈着のしづらいサンドイッチ製法のカラコンがオススメです。

サンドイッチ製法以外のカラコンの製法としては、スピンキャスト製法、キャストモールド製法、セミキャストモールド製法、サンドイッチ製法の4種類の方法がありますので、韓国製のカラコンを購入される場合には、これらの種類の違いに気を付けて選びましょう。



 

女性の憧れのオレンジ色のキャッツアイ

おしゃれやメイクで美人になりたいというのは女性であれば誰もが考える事だと思いますが、ここ数年整形メイクと呼ばれる驚異のメイク術で、元の顔が想像付かない位、別人のように綺麗になれるメイク術が流行っています。

このメイク術で特に劇的に顔が変わるのがつけまつげとカラコンなのですが、カラコンを着けるだけで目が大きく見えたり、顔の印象が変わるので着ける人が増えています。

最近ではビジュアル系バンドのメンバーやモデル、読者モデル、芸能人など様々な人がブログやツイッターなどで自分の愛用しているカラコンを紹介していたり、場合によってはカラコンの装着前、装着後の画像を公開し、その違いが話題にもなっています。

普通に考えたらカラコンや化粧で美人になったりイケメンになっている人であれば、すっぴんは絶対に見られたくないものだとは思いますが、やはり話題性目的なのか、結構すっぴんを公開する芸能人は多く、最近ではそれがただ単に話題になるだけではなく、実際にメイクで芸能人の顔に近づけるメイク方法のサイトも人気になっていたります。

カラコンを着けるだけで芸能人みたいに綺麗になれる、カッコ良くなれるという事で、カラコンを着け始める人も増えていますが、カラコンには様々な種類があり、日本でも色んな種類のカラコンが売られています。

すごく可愛い丸いピンクの目をしているぽっちゃりの猫ちゃん

しかし日本で流通しているカラコンのほとんどが韓国製、台湾製などで、その中でも人気が高いのか韓国製のカラコンです。

日本製と比較しても値段が安い事と種類が豊富な事で人気の韓国製のカラコンですが、安全?危険性は無いの?というところが気になってきます。

いくら安くても直接眼球に装着するものなので、衛生管理がしっかりされた工場で作られたものか?

その品質はきちんと国やメーカーが保証してくれるかなど、いくら安くても品質に関しては気になります。

日本製と比較した場合、やはり日本製は厚生労働省がきちんと認可制で管理している為、厚生労働省の基準をクリアした安全な商品であれば、商品にそれぞれ承認番号が記載されているので安心です。

そしてこの厚生労働省の承認番号と同じような制度が韓国にもあるので、韓国製のカラコンでも、韓国の厚生労働省のような存在である。

MFDS(食品医薬品安全処=旧KFDA)認可のものをオススメします。

しかし日本でも韓国でも、きちんと認可を受けて安全基準をクリアすべく努力しているメーカーは、どうしてもコストがかかりそれなりの金額になってしまいます。

逆を言えば、コストをかけないで作ったカラコンは「激安」な値段で売られていますので、韓国製のカラコンが安い理由としては、無認可であったり、日本よりも製造コストが安いなど、何かしら問題がある危険性が考えられますので、承認番号の有無や注意事項をきちんと確認し、慎重に選ぶ事が重要になります。



 

きれいなカラコンをつけているような青い瞳のフクロウの目

コンタクトレンズと言えば視力矯正目的にメガネの代わりに使用するものなので、視力が悪い人以外には馴染みのないものだったのが、近年ではカラコンが、一般的なファッションアイテムとして普通におしゃれ感覚で買えるようになってきています。

美容の世界では、以前は欧米からの情報がほとんどだったのが、最近では韓国の美容情報が人気になっています。

韓国コスメは同じアジア人という事もあって、比較的に日本人にもおしゃれアイテムとしても取り入れやすいものも多く、肌質的にも、合う合わないが欧米の化粧品よりも日本人に合いやすいものが多いのも魅力です。

そんな美容大国の韓国コスメで人気なのがカラコンで、その種類は日本とは比較にならない位多く、値段も日本のカラコンよりも安いことから、韓国製のカラコンをネット通関で購入する人が増えています。

日本ではカラコンは高度管理医療機器に認定されている為、販売するのに厳しい基準があり、メーカーもその安全性や品質には細心の注意を払っていますが、ネット通販の発達によって、近年では誰でも簡単にインターネットを介して、個人輸入で安い韓国製のカラコンを購入出来るようになっています。

丸くて黄色目のフクロウがまっずく見つめている

しかし気軽に海外のカラコンを購入出来るようになった事で、日本の厚生労働省の承認番号の無い韓国製のカラコンを利用する人も増えてきていますが、韓国製のカラコンの安全性や危険性は大丈夫なのでしょうか?

韓国製のカラコンでもMFDS(食品医薬品安全処=旧KFDA)認可のものや、CEマークがついているカラコンもありますので、きちんと基準をクリアしているものかどうかを確認する事が重要です。

そしてカラコンの安全性で考えた場合、色落ちしにくい製造かどうかも重要で、これは日本製、韓国製共通して言える事です。

カラコンで現在主流になっている製造法は「サンドイッチ製法」と「キャストモールド製法」の二種類があって、サンドイッチ製法は2枚の膜で色素を挟み込んで1枚のカラコンを作る方法で、色素の部分が直接目に触れない作りになっているので、他の製法と比較しても色素沈着や色落ちのリスクが少ないと言えます。

次にキャストモールド製法は、素材を型に流し込みレンズを作る方法で、仕上がりは薄く柔らかく作られているので、着けているストレスが他の製法と比較して少ない製法です。

韓国製のカラコンでもMFDS認可のものでサンドイッチ製法のカラコンであれば、色落ちの心配もなく安全ですし、無認可のカラコンより安心です。